日経産業新聞の先端技術面(7/28版)に佐野准教授の研究が掲載されました

佐野准教授らの進める研究が日経産業新聞2016年7月28日版の先端技術面において紹介されました。

本記事は、FPGAを用いた津波シミュレーションと設計ツールに関する研究内容および成果に関するもので、最新のIntel(ALTERA)社FPGA Arria10を使用し演算性能および電力あたり性能の両方で GPUを上回る性能を達成した津波シミュレーションアクセラレータは広く注目を集めています。また、佐野准教授らのグループでは専用計算回路の設計ツールSPGenも併せて開発しており、FPGAの普及において課題となる プログラムの難しさを克服すべく研究を進めています。また、同記事では半導体「FPGA」に関する国内の動向として産総研の開発した省電力FPGAやFPGAによる動画処理に関する研究も紹介されており、当該分野への関心の大きさが伺えます。
カテゴリー: ニュース   パーマリンク

コメントを残す