佐野准教授による電子情報通信学会誌平成29年2月号の小特集記事

電子情報通信学会誌平成29年2月号に、佐野准教授の小特集記事
「ステンシル計算に基づく科学技術シミュレーションのハードウェアアクセラレーション」が掲載されました。


電子情報通信学会 平成29年2月号会誌目次(抜粋)

●小特集 FPGAを用いた計算処理の高速化技術
小特集編集にあたって(編集チームリーダー弘中哲夫 サブリーダー三好健文)

1.FPGAアクセラレーションを用いたアプリケーション実例
1-1 ステンシル計算に基づく科学技術シミュレーションのハードウェアアクセラレーション(佐野健太郎)
1-2 ネットワーク検索エンジン及びディープニューラルネットワークの高速化(中原啓貴 井上一成 中田秀基)
1-3 画像処理/学習,医療アプリケーションへの応用
  ―大腸NBI拡大内視鏡画像のリアルタイム診断支援システム―(小出哲士 玉木 徹 吉田成人)

2.産業界でのFPGAアクセラレーション
2-1 FPGA活用による顧客価値の提供(竹中 崇 井上浩明 鈴木紀章)
3.FPGA開発を始めるにあたって
3-1 高位合成ツールを用いたハードウェア設計
  ―FPGAを用いた専用コンピュータの開発がお手軽にできる時代が来た!―(高前田伸也)
3-2 FPGAデザインコンテスト(長名保範)


カテゴリー: ニュース   パーマリンク

コメントを残す