佐野准教授によるFPGAを用いた津波計算などが雑誌「インターフェース2017年5月号・6月号」で紹介されました

佐野准教授によるFPGAを用いた津波計算が雑誌「インターフェース2017年5月号および6月号」で紹介されました。

5月号では、スパコン技術研究コーナにおいて、FPGAを用いた津波シミュレーション専用ハードウェアの記事「FPU付きFPGAで広がる高性能コンピューティングの世界 ~ 小型津波スパコン大解剖」が7ページに渡り掲載されました。6月号では、同じくスパコン技術研究コーナにおいて、FPGAを用いた高性能計算ハードウェアに関する記事「今どきコンピュータ科学計算の基礎知識」が6ページに渡り掲載されました。

これらの内容は研究成果を簡潔にまとめたものになっており、同誌の読者である中・高校生や大学生がFPGAや計算機ハードウェアに興味を持ってくれることになれば幸いです。

カテゴリー: ニュース   パーマリンク

コメントを残す