国際会議FPL2013で密結合FPGAクラスタの流体計算デモを行いました

同分野最大規模の国際会議FPL2013のDemo nightにて密結合FPGAクラスタの流体計算デモを行いました。 佐野研究室ではFPGA同士を専用ケーブルで直結した密結合FPGAクラスタを開発していますが、このデモでは、4つのFPGAから成るクラスタノードの上でリアルタイムの流体計算およびその可視化を行います。流体計算は格子ボルツマン法により行われます。使用するFPGA数を増やすと性能がリニアに向上する高スケーラビリティの他、FPGAの内部に実装した、ストリーム計算向けシステム・オン・チップフレームワークを紹介します。
FPLデモ写真2

FPLデモでセットアップをする伊藤君

FPLデモ写真1

FPLデモで説明をする伊藤君

カテゴリー: ニュース, 研究情報   パーマリンク

コメントを残す