計算機工学 (Fundamentals of Computer Engineering)

5セメスタ, 1.5単位, 担当: 佐野

2015年度講義資料 (学内限定です)
  1. 第1回 イントロダクション・計算機の歴史
  2. 第2,3回 数の表現
  3. 第4回 論理代数
  4. 第5回 組合せ論理回路
  5. 第6回 順序回路
  6. 第7,8回 計算機の構成と動作原理(1) -命令セットアーキテクチャ-
  7. 第9,10回 計算機の構成と動作原理(2) -マイクロプロセッサのデータパス-
  8. 第11回 メモリシステム

試験
 7月31日(月) 13:00-14:30, 機4, ノート・プリント・その他教科書など持込可


授業科目の目的・概要及び達成目標等
  1. 目的
     計算機の構造と機能についての基礎知識の修得を目的とする。
  2. 概要
     計算機の歴史を踏まえ、現在の計算機の内容を説明し、今後の発展について述べる。
  3. 達成目標等
     計算機の概念を理解させ、計算機の有効利用を行う能力を養わせる。

他の授業科目との関連及び履修上の注意

以下を履修していること・履修することが望ましい。
  1. 情報科学基礎論
  2. 回路・システム基礎
  3. 計算機ソフトウェア工学
  4. 電子デバイス

授業内容
  1. 計算機の歴史と概念
  2. 数の表現:2進法
  3. 数の表現:固定小数点数と浮動小数点数
  4. ブール代数
  5. 組み合わせ回路とその応用
  6. 順序回路の基礎
  7. 順序回路の応用
  8. コンピュータシステムの構成と動作原理
  9. 演算装置
  10. 制御装置
  11. メモリシステム
  12. コンピュータシステムの高速化技術
  13. コンパイラ
  14. オペレーティングシステム

教科書・参考書
  1. 教科書 「コンピュータ工学入門」鏡 慎吾, 佐野 健太郎, 滝沢 寛之, 岡谷 貴之, 小林 広明, コロナ社
  2. 参考書 「論理回路の基礎(改訂版)」 田丸啓吉 著 工学図書
  3. 参考書 「計算機工学の基礎」 重井芳治 著 近代科学社
  4. 参考書 「コンピュータ工学」 樹下行三 著 昭晃堂
  5. 参考書 「コンピュータの構成と設計,ハードウエアとソフトウエアのインタフェース(上・下)」 パターソン,ヘネシー 著 日経BP社